HOME>レポート>人気のドライヤーの共通点〜機能性を重視した選び方〜

人気のドライヤーの共通点〜機能性を重視した選び方〜

ブラシとドライヤー

ドライヤー選びのポイント

住んでいる家によって、電気のアンペア数が大きく異なるため、ブレーカーが落ちないドライヤーを選ぶことが最優先となります。ワット数を確認し、使っているときはどの家電の電源を落とす必要があるのかを確認することが、よいものを買う秘訣です。予算に合ったものを選ぶことは大切ですが、人気が高いものほど高額と思う人もいますが、予算と機能を考えて選びましょう。普段の生活で使う機能が多ければ多いほど、高機能なドライヤーを使ったほうが髪に合う為、機能を確認して買うことをお勧めします。人気が高いのは各メーカーによって価格は違いますが、3千円から8千円程度の多少機能がついている、安すぎず、高すぎない機種です。デザイン性やマイナスイオンを希望している人の場合には、多少価格が高くなる場合もあるため、家電量販店で直接見て選んでください。

レディ

髪を傷めずに使用する方法

髪を傷めずにドライヤーを使用する方法としては、使う前に髪の水分をある程度取り除いておく必要があるといわれています。タオルでやさしく挟んで髪の水分を取り除くと、余分な水分を取り除けて髪を傷めずに乾燥させることができるでしょう。正しくドライヤーを使うためには、髪から15センチメートルほど離し、風を当てることで痛めずに乾燥させることができます。根元から温風を当てるようにし、1箇所だけを乾燥させずに場所を変えながら乾かすと、髪を傷めずにすむでしょう。人気のドライヤーの中には室温検知機能がついており、自動で温風・冷風を切り替えるものもあるため、痛めずに乾かしやすいです。絡まりがちな毛先をほぐす機能のついた物もあるため、使いやすい物を選ぶと、痛めずに乾燥できるでしょう。